生命の神秘2007年06月06日 03:00

芋ほりをし、その後、偶然牛の出産をみた。
牛の膣からきれいな膜に包まれた子牛が生まれ出てきた。
土から、きれいなメークインがいっぱいでてきた。

その時、カッコイイ音楽をやって人に認められたいとか、
自分というものが、何をどうするのかとか、
「君は独りじゃない」とか、
そんなことに何の意味があるのか。

苦労こそすれ、すでに分裂とか悩みとか、背反とか、
そういう世界にはいない。

百姓というのは一番素晴らしい職業なんだとおもいます。。