私のとなり展2007年05月28日 00:22

皆様、来ていただいてありがとうございました(;З;)

写真、映像機器の発達は時代の流れかともおもいますが、
自分を客観視するということは、誰にとっても重要なことです。

僕は大学のときから、写真、映像をやる友人がいて、
撮られまくっていたので、非常にカメラ慣れしてしまい、
自分のビジュアルを客観的にみることは、わりと日常茶飯事でした。

でも今回の写真展は特別な意味がありました。

人間である以上、「自分とは何か」という問いに、
何も覚えるところのない人はいないでしょう。

こんなふうに自分が“みつめられて”いるということ。
嬉しくもあり、歯がゆくもあります。

今回も手伝っていただいた、
柚木さん、聡子さん、うじぇさん、びやぼんさん
ホントにありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://soko.asablo.jp/blog/2007/05/28/1537842/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。